エッセイ

『綺麗なお姉さん』への険しい道!

10代〜20代のイケイケの頃、
何度も通っていた市民プールがある。
(しょっぱなから〝イケイケ〟という死語についての指摘に怯えながら、あえて〝イケイケ〟と言わせてもらう)

当時、ガングロギャルなる文化が大流行していた。

今考えると、可愛くも何ともない汚いアイメイクと、アダモちゃんさながらの白いリップ、そして白メッシュのロングヘア。

世間では安室ちゃんが『ギャルのカリスマ』ともてはやされ、

アムラーなる若者が全国に大量発生したが、アムラーと呼ばれる割に安室ちゃんとは似ても似つかない顔と体型のギャル達が街を席巻した。

私もその一人であった。

しかし、しばらく続いたガングロギャルブームが、

私の中で終焉を迎えるきっかけとなったある出来事があった。

毎月、美容室で入れ続けていた白メッシュであったが、ある日美容師さんから

『もう、メッシュ入れるとこないよあとは、逆に黒でメッシュ入れるしかないかな』と、白メッシュ限界宣言が出されたのである。

気づけば私の髪は、
白メッシュの入れ過ぎにより

ほぼ白髪になり

山奥で包丁を研いでいる伝説のお婆さんに近い雰囲気を醸し出していたのだ。

美容師さんから、
逆に黒でメッシュ入れる?と提案されたそのとき、長いこと『ギャル命』を名乗っていた私の中で、ギャルに対するこだわりが消え、今までとは違う自分になりたいという願望が湧き上がってくるのを感じた。

そして、私のその願望を後押ししたのが、
空前の藤原紀香ブームであった。

お肌は色白で、ナチュラルなカラーのヘアを軽く巻き、膝丈スカートに、厚底ではないハイヒール

ギャルとは正反対の綺麗めお姉さんとして颯爽と登場した彼女の雰囲気に心が惹かれていたところへの、白メッシュ限界宣言だった。

もうギャルは終わりだ。

そう感じ、その日から私は
『綺麗目お姉さん(風)』へと転身を目論んだのであった。

ある夏の日、私と同じ経緯をたどりガングロギャルから紀香系お姉さんに転身を果たしたもう一人の友達と、冒頭でお話した市民プールへやってきた。

友達と私はしばらくの間、
プールサイドで日焼け止めを塗ったり寝そべったり、

サングラスをかけて髪をかき上げたりと

いい女ぶることにいそしんでいたが、

その日は猛烈な暑さで、いてもたってもいられなくなってきた。

すると限界を迎えた友達が『プールに入って犬かき競争しようよ』と唐突に提案してきたのだ。

私は『お✨いいねぇ』とすぐに賛同した。

『よーい、ドン‼️』(掛け声が昭和)

自称〝藤原紀香系〟の私たちは
勢いよく犬かきを始めた。

その時である。

『ねぇねぇ、お姉さんたちキレイだね✨』とメンズから声をかけられたのだ。

ナンパである。

声の方をチラ見すると、メンズは
『お姉さんたち、何してるの✨?』と続けた。

何してるの‥‥?
私たちが、何してるかですって‥‥?

言えないっ
私には言えない

『犬かき競争』

‥‥だなんて、絶対言えない

私はその状況に耐えられず犬かきを停止し、足をついてしまった。

慌てて友達の方を確認すると、友達はナンパの声が耳に入っていないかのように『すん』とした表情で犬かきを続けている。

つ、強い‼️
なんてハートの強い女だ。

この状況でなお、勝負にこだわるとは‥‥‼️

ナンパなどに振り回されないギャル魂、
健在である。

私は、『何してるの?』の質問への答えを濁したまま
なんとかナンパ男性を振り切ると
迷いのない力強い犬かきで私から離れていく友達の背中を、歩いて追った。

私の負けだ‥‥
犬かき競争にも負けだし
ハートの強さも完敗だ。

悔しい‥‥っっ‼️

いや‥‥‥

そこじゃない‼️‼️

だめだ。
これは、根本的な意識改革が必要だ。

藤原紀香は、市民プールで犬かき競争など絶対しない。

否(いな)!
市民プールなど、来ない!!

見た目だけ綺麗めお姉さん系へと転身を果たしたとて、中身は何ひとつ変わっていないではないか

これじゃダメだ‍♀️
中身も綺麗なお姉さんを目指さなくては‥‥!!
そのためには、何をすれば‥‥‥?!

‥‥‥

あれから◯十年‼️
若かりし頃に通い倒したこの市民プールに
先日、小学生の娘達を連れて久々に遊びに来てみた。

売店で注文したラーメンを目の前に、
私は『いただきマンモス』と言い、

小6の娘から『そういう時代の人ってバレちゃうよ?』と小さく注意された。

どうやら私の意識改革とやらは
不発に終わっているようだ。

そしてこれからも
改善が見込める気がしない。

‥‥中身も綺麗なお姉さんになるには
どうしたらいいんだろう‥‥

ってその前に
お姉さんじゃなくなっちゃったじゃないか

永遠に出ない答えに頭を抱えた、
思い出の市民プールでの一件であった。

ABOUT ME
富岡紗和子
富岡紗和子
こんにちわ!湘南に住む、陰陽占い師の富岡紗和子です。(✿✪‿✪。)ノ すれすれの人生、避けて通れないならネタにしよう! わたしを悩ませるあんなこともこんなことも、こんなことも。 現在、中学生と小学生の二人の娘を持つ母です♪ 過敏性腸症候群IBSのおかげで、人生に無駄なピンチが多めに降臨。

こちらの記事もおすすめ
さわちん, ブログ エッセイ

引き寄せの力・・・平野ノラ風バブリー水着で恐怖の「引き寄せ力」を発揮する

2020年8月14日
【神奈川・湘南〜全国】本当に当たる陰陽占い師 | 富岡紗和子
この世界には『引き寄せの力』というものが存在している。 私も度々この引き寄せの力というのを身をもって体験してきた。 皆さんも経験 …
さわちん 本 エッセイ

“馬鹿になった毛穴たち”と、アラフォー女子にまつわるエトセトラ【面白いエッセイ】

2020年10月4日
【神奈川・湘南〜全国】本当に当たる陰陽占い師 | 富岡紗和子
昨年の今頃のことである。 我が家の2人の娘たちから、学校の持久走大会のために走る練習をしたい!と相談があった。平日フルで仕事をしている …