おでかけ

過敏性腸症候群 IBSにはハードルが高いとうわさのディズニーランドに潜入!

お盆休みを利用して、家族で東京ディズニーランドへ出かけてきた。

毎度、突発的におでかけの提案をしてくる主人。

今回も、前日の夜にのんびり庭でビールを飲んでいたら突然、
明日ディズニー行こう!と持ち掛けられた。

遊びの提案は基本的に断らない私。

いいよ。の一言で急なディズニーランド行きが決定した。

普通の人間なら何も心配する要素などないディズニーランド行きだが、
過敏性腸症候群 IBSを患う人たちにとってディズニーランドは、
夢の国であると同時に危険がいっぱい詰まったワンダーランドである。

いつ突然の下痢に襲われるか予測ができない過敏性腸症候群IBSの人たちにとって、
混み混みのレストラン、アトラクションの行列、トイレの混雑などは
過去の経験から《恐怖》と位置付けられたシチュエーションであり、
どのタイミングで脳みそが下痢スイッチを連射してくるか全く予測不能なのだ。

楽しい!ワクワク!といったプラスのイメージと裏腹に、
心に濃い不安が影を落とす・・
それが過敏性腸症候群 IBSにとってのディズニーランドなのである!!
(全IBSを代表して突然熱くなる・・・松岡修造的IBS)

とはいえIBS歴もかれこれ17,8年となってくると、新米IBSに比べて開き直りや図々しさがでてくるものだ。

OLでいうところのお局様といったところか。

過去にディズニーランドでもディズニーシーでも当然下痢騒動を起こし危機一髪を経験しているくせに

なんか今回はいけるんじゃないか
という謎のプラス思考が湧いてくるので困る。
・・・・・・・いけないくせに。

今回は午後3時から閉園まで遊べるスターライトパスポートにしようと思ったのだが
スターライトパスポートは土日祝日限定だったため購入できず、
夕方5時から遊べる期間限定の夏5ウィークデーパスポートというチケットを購入!

こちらは大人も子供も料金が一緒なので、4,400円×家族4人分。

いつもは計画するのが苦手で、行き当たりばったり気味な私なのだが、今回は時間がない。

夕方5時から閉園の10時まで思いっきり遊ぶぞ!と意気込み、
絶対に乗りたい乗り物、時間が余ったら乗りたい乗り物等をピックアップし、パレードの時間も考慮して予定を組んだ。
そして、その予定表を自宅に忘れてきた・・・。

やりなれないことをして張り切ったところで、結局うまくはいかない。

気を取り直し、まず最初に乗ると決めていた『カリブの海賊』の列に並んだ。

毎回必ず乗るけど、なんか好きな『カリブの海賊』♪
ワクワクするー♪

行列はしていたものの、わりと良いテンポでスムーズに進んでいく。

だが、折り返し折り返しの列をどんどん進んで行って、もうすぐだな!なんて思ったその瞬間だった。
腸が激しく動き、グルグルグルグルグルグル・・。
お腹の中にあやしい感覚が走った。。

おいおいおい。。

またお前か!!!!!!

まだ来たばっかだよ!!
一個目だよ!!!!ばか!

無いわー、それは無いわー。

ひたすら自分の腹にツッコミ続ける・・。

その間もどんどん進んでいく順番。

治まらない腹音。。

『絶対ダメな感じ』の場合、迷わず即座に列から離脱する決心がつくのだが、この微妙な感じ・・。迷う・・。

このまま何事もなくやり過ごせるのか、後ほど列から離脱しなかった自分を呪って藁人形に釘を刺すのか・・・。

とうとう、あと1回折り返せば乗る順番が回ってくる位置まで差し掛かってしまった。直線コースに入ったらすぐ順番が回ってきてしまう。

私の頭の中に、みのもんたがゆっくり姿を現した。そして静かに2択質問を読み上げる。

a.行列から脱落して外で家族が乗り終わるのを待つ
b.このまま不穏な腹を抱えて『カリブの海賊』に乗る

さあどっち?

頭を抱える私。目をシパシパさせて悩む・・・。どうしよう・・。
うーーーーーーん・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

よし・・・。
決まった・・・!

わたし『bの、このまま不穏な腹を抱えて“カリブの海賊”に乗る!でお願いします!』

もんた『ファイナルアンサー?』

わたし『ファイナルアンサー!!

もんた『・・・・・・・・・(ためる)』

ドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキ・・・

もんた『・・・・・・・・・(ためる)』

ついに順番が回ってきた。ドキドキしながら乗り込んだ。

超久しぶりの『カリブの海賊』!
乗り込んだ瞬間、お腹のゴロゴロを押しのけて一気にワクワク感がいっぱいになった。

やっぱりディズニーランドといえばこれ!

昔はいなかったイケメンジョニー・デップ♡

子供たちも映画のパイレーツ・オブ・カリビアンを見たことがあるので、アトラクションに大盛り上がり。
次女は、海賊の人形を見るたびに「あれ本物??」「これ本物??」と興味しんしん!

私もお腹のことなどすっかり忘れて楽しんだのだった。
どうやら乗る前の腸の動きは、通りすがりのゴロゴロ感だけだったらしい。
紛らわしいやつめ!!!!

そしてアトラクションが終了、楽しかったね!と乗り物から下りた瞬間、
みのもんたの『正解!』が聞こえてきた。(まだためてたんかい)

ここからは気を取り直し、たて続けにジャングルクルーズを攻略。好調だ。超楽しい!!!




久々のジャングルクルーズ、ちょっと内容が変わってた!!面白い!!

だが、私は新たな難関に挑もうとしていた。ジャングルクルーズの列で並んでる人たちがみんな食べていたテリヤキチキン・・。

私も食べたい。。

じゃあ食べればいいじゃん。

普通の人はそう思うだろう。
だが、過敏性腸症候群IBSの人達にとって、途中で食べ物を摂取することは、
そこまでの順調な流れを突如悪夢に変える下痢への引き金になってしまう危険をはらんでいるのだ!!!

過敏性腸症候群って、生きてるだけでなんてアドベンチャーなんだろう・・・。
『IBSクルーズ』なるアトラクションが近い将来できてもおかしくないと思えてしまう・・。

しかし、ここまできたらもう迷いはない。

『aのテリヤキチキンを食べる!ファイナルアンサー!正解!!』

もんたの出る隙を与えずさっさと列に並ぶ(笑)

もんた『せ、正解!!』

この日の私は好調だった。そのあとも特にピンチまで至る症状がでることはなく、順調にホーンテッドマンションも攻略。

ところが、その後とんでもない問題が!!!

ホーンテッドマンションを出たところにあったトイレに入ったあと、ひょんなことから夫婦喧嘩が勃発、あーでもないこーでもないと
一戦交え、ふと気づくと、さっきまで手に持っていた携帯が無い・・・!!!

しまった・・・!

さっきトイレに入った時、トイレの中の棚に置いてそのまま置いてきてしまったのだ。
喧嘩してる場合じゃなかった!!!!

トイレに携帯を忘れてくるという、今までの人生で何度もやってきた失敗・・・おととし西武ドームのトイレでもやったけどよりによってディズニーランドで・・・( ノД`)

お酒も飲んでないのに・・・。

慌てて先ほどのトイレまで走って戻ってみたが、すでに先ほど置いた場所に携帯は無かった。

すぐにトイレのお掃除をしていたスタッフの方に聞いてみたが、忘れ物はすべてワールドバザールのメインストリートハウスで管理していて実際に足を運ばないと忘れ物の情報は確認できないとのことだった。

あわててワールドバザールへ走る・・!!

なんでディズニーランドにきて、こんなに走ってるんだろう。つくづく自分が嫌になった。

携帯をなくしたトイレから、ディズニーランドをほぼ縦断し、メインストリートハウスに駆け込んだ。

そこで、なくした携帯の機種やら色やら、自撮り棒が付いてるなどの特徴を伝えると、それらしきものが『ミッキーのフィルハーマジック』に届いています、とのこと!!!!

良かったーー!!!

で、『ミッキーのフィルハーマジック』とはどこだろうと教えていただくと、さっき携帯を無くした現場のトイレのななめ前だった・・・・。

再度、ディズニーランドを縦断・・・。

もう汗が止まらない。ホットヨガでもやってきたのか?と問われそうなほど汗でドロドロになり、『ミッキーのフィルハーマジック』に到着。
そしてありがたいことに、無事に携帯が手元に帰ってきたのだった。

親切な人がきちんと近くのアトラクションまで届けてくれたことにひたすら感謝すると同時に、自分のバカさに改めてうんざりしたのだった。

その後、パレードを見る予定だったのだが、なんとその日は強風でパレードが中止となってしまった。

残念!!
パレード超楽しみだったのに!!!(涙)

気を取り直し、子供たちの好きな『イッツ・ア・スモールワールド』へ!

私も子供のころ大好きだった『イッツ・ア・スモールワールド』。リニューアルされているので私の子供のころとは違っているけど
この曲を聴くとやっぱり懐かしくてキュンとくる!

最後に、新しいアトラクション、『モンスターズインク“ライド&ゴーシーク”』にギリギリ滑り込みで乗ることができた!!

子供たちはやはり『モンスターズインク』は何度も見てるので、すごく楽しそうだった!

ここまでで、閉園時間かなりギリギリ!!!

最後にお土産やさんに飛び込む!!


が、もう時間が無い~!!!

くそーー!!
夫婦喧嘩してなければなーー!!
そんで携帯探しマラソンしてなければなぁ・・・・・!!!!

もっとゆっくりお土産見たかったーーー!!!

かわいいTシャツとか買いたかった!!!

とまあ、こんなバタバタにはなったが、突然の思い付きで訪れたディズニーランド、
夏5ウィークデーパスポートで夕方5時から閉園の10時まで目いっぱい楽しむことができた。
もっと時間が欲しかったけど、今回はこれで完全燃焼!

今年の夏の思い出の1ページにしっかり残った1日となったのだった。

過敏性腸症候群IBSを患っている人は、アトラクションの行列、トイレの混雑など、ディズニーランドを訪れる不安要素をたくさん感じてしまうと思う。

私も同じなのだが、久しぶりに訪れたディズニーランドで改めて
そこらじゅうにトイレがたくさんあることを実感したし、
行列に並んでいる時に万が一、下痢スイッチが入ってしまったら、離脱してトイレに行けばいいだけのこと!

今回の私の『カリブの海賊』のドキドキのように、迷う状況になった時は無難に
『a.行列から脱落して外で家族が乗り終わるのを待つ』と、みのもんたに告げれば問題はない。

過敏性腸症候群はなかなか治らない病気だけど、これからも無理なく色んなとこに出かけて
楽しいこともたくさん挑戦していきたいな。そう考えている私である。

ABOUT ME
sawachin
sawachin
こんにちわ!sawachinです(✿✪‿✪。)ノ すれすれの人生、避けて通れないならネタにしよう! わたしを悩ませるあんなこともこんなことも、こんなことも。 7歳9歳の娘の子育てと仕事の両立に奮闘中! 過敏性腸症候群IBSのおかげで、人生に無駄なピンチが多めに降臨。