おでかけ

西武ドームにて野球観戦 イベントが盛りだくさん!ファンじゃなくても楽しめる !

西武ドーム(メットライフドーム)へ今年も野球観戦に出かけてきた。
観戦に出かけた試合は西武対オリックス戦!

野球については全く詳しくないのだが、西武ファンであるお友達のパパさんがチケットを手配してくれて、ここ三年ほど連続で西武ドームに野球観戦に出かけており、夏の楽しみのひとつとなっている。

野球が全くわからない私でも球場に野球を見に行くのはなんか楽しい。

熱気あふれるファンの方たちの応援の音や声、ビールいかがですかー!というキラキラしたビールの売り子のお姉さん!

暑いねぇ!とお互い言い合いながら飲んで食べて盛り上がる!
そして、カキーン!!とヒットを打つ音、わぁっ!と一斉に沸き立つ観客。

この雰囲気が最高なのだ。

わたしもつられて、おおー!!と拍手をするが十中八九、相手チームのヒットであり、
『ちょっと!今打たれたから。。怒』とお友達パパに注意されることが多い。

それにしても野球を知らない私でもこんなに楽しめて、また行きたいな!と思う理由はなんだろうと考えてみたら、お客さんを楽しませる工夫がたくさんされているからだな!ということがよくわかる。

初めてみんなで西武戦を見に行ったのは一昨年の夏だったのだが
試合中の合間合間に観客席をスクリーンに映し、映った人たちがチューをしないといけないというルールの『チュータイム!』などで、盛り上がったり♪
↑呼び方は絶対間違ってるので悪しからず(笑)

またある日は試合終了後に観客がグランドに下りて、
実際のマウンドに立って、キャッチャーにボールを投げる体験ができたり。

普段下りられないマウンドに立つだけで貴重な体験だが、実際にピッチングしてみるとキャッチャーまでは、かなり距離があるのに驚く。

みんな大盛り上がりで楽しんでいた。

その日は酔っ払いすぎてグランドで側転を繰り返し、携帯と子供の水筒を無くすという失態もあったが、ただ野球を見に行ったという枠を超えて、すごく楽しかったなーと帰ってからもしみじみ思い出したのだった。

一昨年の野球観戦がとても楽しく盛り上がったので、昨年は3回くらい球場に足を運んだ。
昨年は猛暑と雨の日に当たってしまい、少々大変な観戦となった。

なぜドームなのに、猛暑や雨が関係あるのだろう。
その理由は、西武ドームは屋根はあるけど壁面がないからである。

昨年、映画『翔んで埼玉』の大ヒットで有名になった、はなわの♪埼玉県の歌♪でも軽くいじられていた。

埼玉西武ライオンズのホーム球場 西武ドームはドームなのに 雨に濡れる
埼玉県のうた/作詞:はなわ 作曲:はなわ

そして今年の野球観戦。

去年は3回くらい足を運ぶことが出来たが今年はチケットが取れず、かろうじて一回、夏の風物詩としての野球観戦に行くことができた。

今年はなんと、入り口で『令王(レオ)』のプリントが入った応援ハッピを全員に子供もふくめプレゼント‼️すごい太っ腹‼️

西部のキャラクターのレオくんと、令和と王をかけるとは!!
ねづっちもびっくりのととのい具合ではないか。

配られたはっぴを、野球をわからない私が一番張り切って着る。
このコスプレ、テンションがあがるーーー!!!

お揃いのコスプレで盛り上がる若い子の気持ちがちょっとわかる(笑)

応援ハッピのほか、その日はなぜかペンライトも無料で配られた。

試合中はひたすらスーパードライのお姉さんを目で追う。

頼みたいときにすぐ呼べるよう、ひたすら追う

白球の行方を追わずスーパードライを追う

選手の応援では、ファンの皆さんが歌う選手の応援歌が印象的だ。

わたしの小さい頃の、西武ライオンズのスターといえば、石毛、清原、秋山、工藤などが思い出されるが、今はとにかく四番、山川穂高!らしい。

山川選手の打席になると一斉にファンの方たちが応援歌を、歌って盛り上げる。
や〜まか〜わ、ほ〜たか〜♬という
みんなの応援歌の大合唱を聴きながら、

酔っ払った脳みそで『この曲は山川豊の応援にも使えるな』と感じたが
自分も友達も今のところ山川豊の応援に出向く機会がなさそうなので
何も言わずに、おとなしくビールをすすっていた。

スーパードライでいい感じに仕上がってきたころ、試合は終了。
残念ながら今年の観戦日は、お友達一家の応援しているライオンズは負けてしまった。

そういえば、入り口で配られたペンライトは・・・?

と思ったら、なんと!!

今回、試合後にMs.OOJA(ミス・オオジャ)と藤巻亮太さんのスペシャルライブがあったのだ!

なんというサプライズ!

Ms.OOJAの曲は、ライオンズの選手の何名かがバッターボックスに入る時のテーマソングに使っているとのことで、その縁でスペシャルライブをすることになったらしい。

最初に登場したMs.OOJA、とにかく歌が上手くてびっくりだった。


しかし少し気にかかることがあった。
ペンライトの説明書に、点灯時間は約15分と書いてあったので
2人が1曲づつ歌うのかな♡などと勝手に考えていたがMs.OOJAのライブがゆうに15分オーバーだったこと。。

この後、藤巻亮太さんのライブが始まる頃にはすべてのペンライトが消えドームは真っ暗だろう。

そんな余計な心配で、頭がいっぱいになったころ、Ms.OOJAのライブが終了し、続いて藤巻亮太ライブに突入。

藤巻亮太さんといえば言わずと知れたレミオロメンのボーカルだが、
もしかしてこの猛暑の中、粉雪を歌って涼しくしてくれるのでは?と期待が高まる中、微妙に季節をずらし3月9日を歌ってくれたのだった。
3月9日も粉雪も並ぶレミオロメンの名曲だ。素晴らしい!
案の定、観客席のペンライトは全滅だったが、みな携帯のライトを照らして盛り上げていた。ナイスフォロー!

ただ野球を見にきただけで全員ライオンズのハッピがもらえてコスプレ応援を楽しむことができ、しかも試合後はスペシャルなライブまで・・!

なんとも満足感が高い西武戦であった。

ライオンズは相当工夫を凝らし、来た人を楽しませる努力をしてるんだなぁ。と感動すら覚えてしまった一日であった。

余談だがわたしは高校時代、この西武ドームでビールの売り子のバイトをしていた。
まだ西武ドームに屋根がなく西武球場と呼ばれた時代だ。

試合の始まる前、バイトに入る用意をしていると
突然、当時大人気だった西武の渡辺久信選手が前を通りかかった。

私が、おはようございます!と元気に挨拶をすると、渡辺久信選手は戻ってきて、「元気いいね!」と私にジュースをくれたのだった。やったー!と喜んでいると、バイトの先輩から、「選手に話しかけちゃだめだからね怒!」と厳しく言われたのを覚えている。

当時の渡辺久信選手。すごくキラキライメージで心に残っている。
頭の上が若干寂しくなった現在のお姿は、当時は想像もつかなかったが、女子高生だった私もあれから四半世紀近くの月日を重ね、頭の上が寂しくなった渡辺さんに含蓄を感じる年齢になった。

西武ドームに足を運ぶときに思い出す、若かりし日の思い出である。

今年はもうチケットが無いので観戦できないが、来年また遊びに行けたらいいな。
そう期待している私であった。

ABOUT ME
sawachin
sawachin
こんにちわ!sawachinです(✿✪‿✪。)ノ すれすれの人生、避けて通れないならネタにしよう! わたしを悩ませるあんなこともこんなことも、こんなことも。 7歳9歳の娘の子育てと仕事の両立に奮闘中! 過敏性腸症候群IBSのおかげで、人生に無駄なピンチが多めに降臨。